読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイノリティ精神

↓カテゴリー別に移動できます。(PCページのみ)

SM S1 構築と雑感

構築 雑記

はじめに

勝てなく実力不足をとことん感じるシーズンでした。一瞬、ORASしてました。
軸とした4体のみ書いています。他の2体にはサザンガルドを入れていましたがあまり強く感じていないので書いていません。
のりピーROMは低かったのでずっと別の英語ROMで潜ってました。

 

コンセプト

マンムーアローによるサイクル or アローで相手に鬼火を撒き、コケコの一貫をつくる。

下に書いたファイアローが強いと感じ終盤まで使い続けた。色まで粘ったのでファイアローに申し訳ない。

 

並び(4体)

メガガルーラ

http://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/kangaskhan-mega.gif

性格:勇敢
特性:肝っ玉→親子愛
持ち物:ガルーラナイト
メガ後実数値(努力値) :
203(180)-185(188)-121(4)-96(124)-122(12)-108
技構成:捨て身タックル/冷凍ビーム/地震/猫騙

調整
B : 素猫+冷凍ビームでガブリアス超高乱数1発
183-115ガブに対して
素猫 : 16.9% ~ 20.2%
183-106ガブに対して
冷ビ : 83% ~ 98.3%

→素猫による鮫肌1回後のHP178の状態
     A182ガブのドラゴンZ(190) : 89.8% ~ 106.7% 7/16 (43.75%)

     161パルの殻破後つららばり : 92.1% ~ 109.3% 9/16 (56.25%)

D : C200メガネフィールドサイキネ : 92.1% ~ 109.3% 9/16 (56.25%)
   C145フィールド電気Z(175) : 86.2% ~ 101.9% 2/16 (12.5%)

D>B : ダウンロードでA上昇

ガブマンダに勝ちたかったのでこの技構成。調整が活きた場面は多かった。


ファイアロー

http://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/talonflame.gif

性格:陽気
特性:炎の身体
持ち物:ゴツゴツメット
実数値(努力値) : 169(124)-101-121(236)-*-89-181(148)
技構成:ブレイブバード/鬼火/挑発/羽休め

調整
S : 最速メガルカリオ+1
B : 最堅、11n

ガブリアスを削るためワンウェポンはブレバ。当初は地面+テッカグヤの並びを崩すために入れたが想像以上に強かった。ガルーラに強いテッカグヤ、ルカリオハッサムメタグロス、ガルーラ等に投げ、積極的に炎の身体発動を狙った。また、色々なところで談議されていたミミッキュの最適解だが、挑発鬼羽があるお陰で様々な型を完封できるこのポケモンこそ、その答えに相応しいと感じている。
ただ、遅いガルーラがいろんな場面で安定打として撃ててしまう岩石封じが予想通り流行ってしまい安易に後出しすると役割破壊されてしまう点は弱く、可哀想であった。


カプ・コケコ

http://www.pkparaiso.com/imagenes/sol-luna/sprites/animados/tapukoko.gif

性格:控え目
特性:エレキメイカー
持ち物:命の珠
実数値(努力値) : 145-*-105-160(244)-106(84)-173(84)
技構成:10万ボルト/マジカルシャイン/瞑想/身代わり

C : ガブリアスに対してマジカルシャインが97.8% ~ 116.3% 撃破率13/16 (81.25%)
D : 瞑想1回で無振りポリゴン2の不一致90技を身代わりが確定耐え
S : 準速メガボーマンダ抜き
D>B : ダウンロードでA上昇

臆病個体を持っていなかったのでこのような型になった。
終盤に流行っていたテテフ+パル入りのスタンダードは襷がパルに奪われているせいでガブリアスが襷ではなかったのでとても刺さっていた。羽休めがないのでジバコイルがつらかったが電気無効をガブ、マンムーにしてるサイクルには強かった。


マンムー

http://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/mamoswine.gif

性格:意地っ張り
特性:ゆきがくれ
持ち物:とつげきチョッキ
メガ後実数値(努力値) :
191(44)-200(252)-107(52)-*-100(156)-101(4)
技構成:つららばり/地震/氷の礫/地割れ

調整
H : 16n-1
A : 相手のカグヤへの負担を考え最大、鬼火ダメージ2回+礫でガブリアスを確定
B : 216マンダの捨て身を最高乱数以外耐え
D : 2n
S : 余り

HBテッカグヤだけは負担を与えられずつらかった。終盤はコケコも草結びを持ってる個体が多く、交換読みで撃たれてしまい思い通りの試合ができなかった。

 

雑感

・構築に関して
上位スタンダードをメタろうと必死でギャラ、マンダ等の積みサイクルにあまり勝てませんでした。なので今までで1番1900帯で戦ってました。実力不足です。

・環境に関して
カプ・コケコやカプ・テテフ、ガブリアスによるZ技が飛び交っていたため、理論が成り立ちづらく(択が多すぎる)プレイング・感覚に自信のあるプレイヤーが結果を残せたのだと思います。またカードプールも狭く、いつも以上に同じ構築、技構成、調整になっていて面白みはなかったです。レート差マッチングも酷く、最終日に1600代とマッチングして運で負け泣きました。ですがその分、バンク解禁後が楽しみです。いつも開始が遅いので、序盤元気できるよう努力しようと思います。

※素早さ調整表もバンク解禁後の環境に対応する予定です。頑張ります。